※スマートフォンからのコメント投稿について

文化ボランティア講座

火曜日, 9月 29, 2015 6 コメント
プレビュー公演でお世話になったパトリア日田の会館にて本日、文化ボランティア講座の講師として招かれ、お伺いして来ました。
「TAOが見た日本の劇場、世界の劇場」と言うテーマでしたが、半分は世界の食について話していた様な〜。笑。

お集まり下さったボランティアスタッフの皆さん、ありがとうございました。







6 件のコメント:

  1. 「文化ボランティア」という言葉を初めて知りました!
    気になって調べてみると、いろいろ出てきました(^-^)
    現在その活動が重要視されているのですね〜。勉強になりました!
    そして、興味を持ちました。マキさん、ありがとうございます(^-^)
    で、ちょっと気になる文章があり、引用させていただきます。元文化庁長官の河合隼雄氏のことば。
    「国の経済状況が厳しいときや社会が混迷しているときにこそ、人と人との結びつき、「絆」が必要である。人と人とが大いに関わり合うことにより、日本の伝統文化が再評価され、次世代へ継承される。人と人とを紡いでいくことにより、新しい地域社会が形成されるとともに、地域固有の文化価値が生まれる。」

    なんだか、みなさんがなさっていることにぴったり合っているなと思いました!
    このような交流会は、自分の考え方やものの見方も広がるし、堅苦しくない雰囲気もいいですよね(^-^)
    すみません(^_^;)つい気になると調べて、調べたことを話したくなるもので…。
    長々と、また暑苦しく語ってしまいごめんなさい(>_<)

    Tomomine(トモミン)

    返信削除
  2. 麻紀ちゃん��会いたいよ。パトリア日田は、公開liveDVD収録で、行ったなぁ。あの頃は❗まだlive後サイン会に走っていてたなぁ(^w^)昔はめっちゃ⤴⤴サイン会まであっていて好き❤やったぁ。
    たまにはサイン会してほしいなぁ。
    バラシとか、閉館時間帯あるから、無理なのかな⁉
    寂しいなぁ��

    返信削除
  3. 忙しいツアーの最中に、こういった活動までされていたとは。
    さすがに疲れてつい寝てしまう講師も…あ、違いますね。
    偶然まばたきした0.1秒の瞬間を切り取られただけですね。
    失礼しました!(`・ω・´)ゞ

    日本・世界と、大小様々な各地の劇場でその違いを体感してきたメンバー達。
    客席や照明・音響など設備の違いから演出の違いまで、1つとして同じホールはないはずですから、豊富な話題に皆さんもじっくり耳を傾けて聴き入っていたのではないでしょうか。
    …食の話以外にも(笑)

    以前、ベルリンの「TEMPODROM」という会場の構造は、赤兜にも利用されていると水藤リーダーが教えて下さって非常に興味深かったので、私も皆さんのこういった話、聴いてみたかったです。

    タロさんは遠くを指差してどんな話をしてたのかな〜??(笑)

    返信削除
  4. おはようございます☺
    先日の花公園でのライブ
    お疲れ様でした。

    なつさんも元気そうで良かった♥

    花公園では沢山の元気をめらいました

    今度はいつライブ行けるか分かりませんが娘を始め
    ばあちゃん、妹と又皆さんに
    会いに行きます��

    寒くなってきたので風邪に気を付けてくださいませ☺

    返信削除
  5. 姿勢ィィ!!!
    まきさんステキ女子♥♥♥
    憧れます(*^^*)

    返信削除
  6. 昨日は素晴らしい講義をありがとうございました。

    皆さんが経験された事、見てきた世界、各国の劇場の特徴、食べ物の話…貴重なお話をたくさん聞かせていただき感謝いたします。

    他の参加者の方が「世界旅行をした気分」と言われていましたが、本当にそんな気分になれました。

    TAOの里の話では、夏フェス体験者の私達にせっかく話を振っていただいたのに、緊張のあまり、あの「ものすごい楽しさ」を皆さんにうまく表現できなかったのが反省点であり、心残りです(^_^;)

    あっという間に終了の時間になってしまい、まだまだたくさんのお話を聞きたかったなぁと思います。
    一生に一度、あるかないかの貴重な経験をさせていただきました。
    本当にありがとうございました。

    年内、あと数か所の公演を見に行きます♪
    頑張ってくださいねー(*^^*)

    返信削除